FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ハダカの女性に服を着せる

今日から桃香ちゃんアップします。
5回目の撮影となりました。
彼女の撮影はハダカから始めましたので
ハダカの次は水着着せたくなります。
水着も着せたので今度は服を着せて、、、と。
順番逆ですね。
ヌードばかりだと飽きてしまいますので
今回は屋外ポートレートです。
ハダカはありません。

dsc00006_201310312116181a7.jpg

もう秋なので
ニットのプルオーバーとブーツ用意したんだけど
皮肉にもこの日31℃。
「暑いっ!!」って悲鳴でした。
僕とおんなじで桃香ちゃんは暑がりだったんですね。
「蒸れちゃう」だって。

dsc00019.jpg
dsc00020.jpg

電線がなければねえ。
前よりクルマの通りが激しくなって落ち着きません。
「みんな、わたし見てるもーーん」
「やだーーー!」
撮影してると
通りすがりの人やドライバーは
好奇心でガン見なんですね。
プロのモデルだとたいして気にしないんだけど
彼女にはちょっと辛いようでした。

dsc00024.jpg
dsc00027_201310312116232da.jpg

ショートパンツの裾が長過ぎましたね。
もっと短めにして脚長く見せてあげないといけなかったです。
後で写真見せた時
「脚短いもん、やだこの写真」って言うのです。
体型は普通なんだけどね、
スタイルいい方だと思いますが。

dsc00034.jpg
dsc00044.jpg






スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!





夜間屋外ロケ

夕暮れ時に外で撮影しようと考えてたのですが
ホテルをチェックアウトした後の移動中に
すっかり暗くなってしまいました。

dsc01398_20131029221025ada.jpg

暗過ぎると辛いです。
スローシンクロのシャッターがどんどん長くなって
上の写真でも0.4秒かかってます。
下の写真は1秒です。
被写体が微妙に動いちゃうので
シマリ悪く背景も流れてしまいます。

dsc01418.jpg
dsc01421.jpg

アップした写真はまだマトモな方で
ほとんどはブレブレでした。
1秒では三脚ないと無理ですね。

dsc01430.jpg
dsc01431.jpg
dsc01440.jpg

スレンダーな女の子はだいたい寒がりです。
撮影時はまだ3月だったので
夜はやっぱり冷えます。
海岸ベタは風吹いてかのんちゃんハナミズ出てブルブル震えます。
暗くてシャッター長くなってどうしようもないので
公園の奥へ移動しました。

dsc01453_20131029221851cc3.jpg
dsc01446.jpgdsc01456.jpg

これ公衆トイレです。
ココお台場のマイナーな場所で
誰も来ません。
露出出来そうですね(笑)

dsc01468.jpgdsc01472.jpg
dsc01496.jpg

お台場には結構お洒落なトイレがチラホラあります。
トイレの屋根が噴水池になっていて
男女の入り口には屋根の池から流れる滝もあるという
豪華なものまであります。

きれいなトイレでした。

dsc01501.jpg
dsc01505.jpg
dsc01518.jpg
dsc01536.jpg

これでかのんちゃんシリーズお終いです。


















3200℃

窓際続きます。
ストロボ当てて3200℃に色温度下げました。

dsc01358.jpg
dsc01371.jpg
dsc01374.jpg
dsc01380.jpg
dsc01389.jpg









再び窓際

アップ早いですね。
と感想される方も多いので
今晩はちょっとソレの解説と言い訳します。

このブログでアップしている写真は
ほぼ撮った順に並んでます。
一回の撮影で2時間〜4時間、
枚数は500〜1000枚くらいです。
昨年まではmixiアルバムのみにアップしていましたが
僕の脱清純路線に噛み合ず少しづつカミングアウト状態となり
このブログ開設に至った訳です。
なので現在撮影と過去撮影分が混在しています。

dsc01255.jpg

PCはMac使っています。
画像処理ソフトの「グラフィックコンバータ」の
「画像ブラウザ」で撮った写真が全て一覧出来ます。
左側にサムネイルが
右側に大きなプレビューが表示可能です。
これを見ながらシーン別にアップする写真を選んでいきます。
開かずに選定出来ます。
選んだらレベルと色あい調整をして別のフォルダへ保存します。
スタンプツールや目のボカシはフォトショップエレメンツで行います。
リサイズはグラフィックコンバータの一括自動変換で楽チンですね。

dsc01274.jpg

16〜17年前から約10年間「Break Time」というウェブサイト自作していました。
これがですね、
初めは良かったのですが
だんだんめんどくさくなって
写真選んでページ作ってリンクはってFTPでアップして
勿論HP作成用ソフト使うんだけどしまいには苦痛となりました。
そのうち撮影した新作がどんどん溜まっていって
最後は自然消滅でした。
またウェブサイトの技術進歩が
僕のアタマには追いつかず。

dsc01285.jpg

FC2ブログは画像アップがチョー簡単です。
一辺に5枚もアップ出来るし
あとは文章書くだけ。
mixiアルバムも簡単でしたけどね。
そんな訳です。

dsc01286.jpg
dsc01300.jpg


再び撮影は窓際へ移りました。
ベッドが終わったら次はここしかないもんですから
すみません。
100Wの電球2個左側から照らして
色温度を3200℃にしてあります。
暗いのでシャッターは1/20,絞りf5.0,ISO400でした。
ボディー内ブレ防止機構がかなり効いてます。
コレ広角だと1/10でもブレません。

dsc01327.jpg
dsc01344.jpg



















水着チェンジ

チューブトップのブラとパンツ部が繋がった面白い水着です。
これもかのんちゃんが持参してくれたものです。
初めての撮影なんでお任せしています。

dsc01150.jpg
dsc01172.jpg
dsc01180_2013102622424426b.jpg

ベッドは掛け布団をむいて単調にしてみました。
かのんちゃんの後ろには100Wの電球が隠れて照らしてあります。

dsc01201.jpg
dsc01216_20131026224247c1a.jpg
dsc01224.jpg

この水着のパンツは
ちょっと大き過ぎますね。
お尻か隠れすぎじゃないかと。
そんなに覆うなよ、
って
言いたいです(笑)

dsc01237.jpg
dsc01246.jpg
dsc01252.jpg















ホテルの窓際

ここのホテルは低層棟の上に高層棟がそびえ立っています。
利用した部屋は高層棟の一番下。
もっと上の20階あたりだと眺めも良くって
下界の景色を取り入れた撮影なんかもいいんですけど
窓の外は低層棟の屋上が見えるだけ
屋上にはソーラーパネルかなんかがズラッと並んで
カーテン閉めないと全く絵になりません。

dsc01082.jpg

バスルームはトイレ付きでカーテン下げるビジネスホテル式。
更衣室にしか使えません。
なのであとは窓とベッドしかないんです。

dsc01089.jpg
dsc01093.jpg
dsc01101_20131025223809859.jpg

公称仕様
T170,48kg,B90,Fカップ,W58,H88
胸、重そうですね。

dsc01114.jpg
dsc01131.jpg
dsc01132.jpg
dsc01137.jpg


















人気モデル

さて
メインイベントの水着撮影に入ります。
着替えはバスルームの中。
まだ3月なのにこの日の気温は5月並。
冷暖房切換え式のため冷房効きません。
窓は固定式で開かず。
バスルーム閉め切ったから暑かったでしょうね。

dsc01005.jpg
dsc01010.jpg

かのんちゃんは水着までです。
今のとこ。

dsc01031.jpg
dsc01034.jpg
dsc01045_20131024202039407.jpg

実は今回かのんちゃんのアップ。
友人NEGI-C BLOGに刺激されてます。
彼は僕の撮ったかのんちゃんを見てどうしても撮りたくなり
最近撮影してきたのです。
「夢は叶う」とまで書いてあります。
霧積かのん嬢なかなか忙しいようで撮影決まるまで時を要した模様です。


また撮りたくなってきた!
水着で撮りたいけど
シティーホテル飽きたし
スタジオ高いし
海はもうダメだし
場所がね、、、、
悩んでます。

dsc01064_201310242021355c0.jpg
dsc01070.jpg

霧積かのんの公式ブログ
霧積かのん公式ホームページ

もういっぱい撮られ過ぎちゃって
みんな写真の質出来も最高で
出る幕ないっすね。

dsc01072.jpg














シティーホテルの午後

モデル応募BBSでかなり気になった女の子がいました。
霧積かのんちゃんです。
メールでオファーすると土日は時間が空かなくって困難と返事きました。
平日◯曜日の午後だったら空いてるとなり
急遽会社を午後休んで撮影に出かけました。

条件が
ラブホ不可。
これ困りますけど。
モデルの中にはけっこういます。
若いモデルの女の子たちは
ラブホってエッチするとこだからいかがわしい。
ってみんな思ってるんでしょうね。
まあわかりますけど。
撮影に適したデザインの優れたところもあるんですけど
なかなか理解されにくいようです。

以前
「私は撮られるためのモデルだから
ラブホだって関係ないわ、
どこへでも行くわよ!」
って言う勇敢なモデルいましたけど。

まわりの目が気になるってことなんでしょうか。

dsc00890.jpg

かのんちゃんの水着を是非撮りたかったので
あ、、、
今年の3月です。
スタジオは高いんで
シティーホテルのデイユースとなります。
東京ベイ有明ワシントンホテルです。
安いんです。
ツインルーム12時から18時まで5500円。

dsc00910.jpg
dsc00916.jpgdsc00921_2013102400232760f.jpg

しかし
部屋はつまんないですね。
ベッドがあって大きな窓あってデスクに鏡。
あまりおもしろくありません。

かのんちゃん
デカイです。
身長170センチですからね。
脚も長い。
女性ファッション誌読者モデルもやっていたそうで
バリバリのプロモデルです。
雑誌に広告とたくさんの媒体で撮影され
アマチュアカメラマンも大勢撮っていることと思います。
スタイル抜群のモデルです。

dsc00936.jpg
dsc00943.jpg

今回の写真はmixiアルバムでは既出ですが
編集し直しました。

dsc00992.jpg
dsc01001.jpg














廃屋

田舎へ来ると道路脇にこんなものが普通にあります。
都会ではあってもフェンスで厳重に閉ざされて
誰かに管理されてますね。
それ破って撮影して見つかろうものなら
不法侵入罪か何かでお縄になってしまいます。

dsc01429.jpgdsc01435.jpg
dsc01448.jpg

きっとその昔は誰かが普通に生活していたのでしょうね。
住んでいた方は高齢で亡くなり
管理する人もおらず放置されて。
そんな感じです。
中は生活していた残骸が散らばって
気持ちいいもんじゃありません。

dsc01453.jpg

もうちょっと格調高い廃墟で撮影してみたいもんですね。
真っ暗なんでストロボ焚くと
部屋全体が明るくなってしまって
オドロオドロしい雰囲気が出せませんでした。
どうしてドレス着て??
赤が大変目立ちますね。
これこそ「掃き溜めの鶴」です。

dsc01454.jpg
dsc01459.jpg

汚い場所に綺麗な女性がってシチュエーションは
いつも僕が目指しているパターンです。
女性も汚くしちゃうパターンも見かけますが
あまり好きじゃありません。
闇夜の廃屋に輝く美女!
いいですね。

dsc01461.jpg
dsc01465.jpg


シャッターは1/20
ストロボは左側から当ててます。
まだ日暮れ間もない刻
夜空が群青色に染まり月も写ってくれてました。

dsc01471.jpgdsc01475.jpg
dsc01477.jpg

まきの嬢はかなり美脚の持ち主なんです。
美脚の条件
足首細く上に向かってスーッと伸び
ふくらはぎはタラコ状にならず
膝上よりちょっとまだ細い
太腿もスーッと伸びる。
デスネ。

dsc01483.jpg
dsc01491.jpg

これでこの日の撮影は終了です。

















赤い背中あきミニドレスで夕暮れ

帰りに漁港へ寄ってミニドレス着せました。
なんで漁港でドレスなの?
色っぽいんで単純に着てもらいたかっただけです。
写真を見るとミスマッチにはなってないと思うんですけど。

dsc01280.jpg
dsc01290.jpgdsc01297.jpg

一見トップレスのように見えますが
違うんです。
ホルターネックになっていて
前はちゃんと胸隠れてます。
後ろから見るとハダカ。
背中にはブラのヒモもない。
ノーブラで揺れてるんだろうか?
と色々気になりますねえ。
後ろから両手を胸に差し込んで
触りたくなってしまいます。

dsc01311.jpg
dsc01323.jpg
dsc01331.jpg

しかし脚もとはビーサンのまんまでした。
せめてヒールのサンダルでも履かせればよかったですね。

dsc01346.jpgdsc01372.jpg
dsc01393.jpg

この時間
刻一刻と空の色が変化していき
あっという間に暗くなります。
海の輝きに露出合わせるとモデル真っ黒ですから
まきの嬢へはストロボ当てます。
右側に立てた銀レフにストロボを向けて
銀レフから光当ててます。

dsc01403.jpg
dsc01416.jpg
dsc01422.jpg

【おまけ】
この日はけっこうたくさんの人が海を見ていました。
カメラ構えた人も大勢いました。
なんだろうなと不思議でした。

陽が暮れ始めると次第に歓声がわいてきてました。
そう!
遥か彼方の大海原の向こうの富士山に太陽が沈む日だったのです。
富士山の手前の山は箱根外輪山でしょうね。
最初は白くぼーっとしか見えなかった対岸の山に
陽が沈むに連れて影富士がはっきり現れてきました。
とっても綺麗でした。
たぶん130キロくらい向こうですね。
200mmでISO400,シャッター1/500,絞りf11でした。

dsc01428_2013102122174784d.jpg

















風を受けとめて

この海岸は夕方になると満潮になって
だんだん陸地がなくなってきます。
今までまきの嬢が座っていた岩も海の中へ消えていきます。

dsc01193.jpg
dsc01209.jpg
dsc01217.jpg

風けっこう強いんです。
乾いた髪の毛がいい具合になびきます。

dsc01222.jpg
dsc01236_2013102023491661b.jpg
dsc01256.jpg
dsc01264.jpg














遠ざかる太陽の下で

なんだか難しいタイトルになりました。
一般的には陽が落ちて来ると言います。
ほんとはコレ変です。
太陽は落ちません。
落ちてきたら大変なことになり阿鼻叫喚人類滅亡です。

地球の自転によって
回転した分だけ自分の位置が太陽から遠ざかっていく。
ということではないでしょうか。
たぶん何万キロだかです。
落ちたように見えますが
ほんとは自分が落ちているんです。

太陽が遠ざかるってことは
光の当たり方が弱くなりますから
女性を写すには絶好の時間でマイルドな光になります。

dsc00782.jpg
dsc00793_20131020010003fbf.jpg
dsc00805.jpg

↑また温泉みたいな写真になりました。
足湯に水着着て無理矢理入ったっていうような感じです。

dsc00834_20131020010025bc6.jpg
dsc00862_20131020010112e56.jpg

弱まった光のお陰で逆光撮影にも適した環境になります。
太陽が人物の向こう側上方にあって
髪の毛がキラキラ輝きます。
明暗差も少なくなるので陰側の顔も映し出すことができますね。

dsc00977.jpg

人間の目は
かなり高度な絞り調節と残像機能があって
あたかも明るいとこと暗いとこを
同時に均一な明るさで見てるように思えますが
機械であるカメラはそこまで進んでません。
明暗差が有り過ぎると
どちらか一方だけしか記録できませんよね。
片方だけ捨てた。
というのがシルエットという下の写真になります。
海の輝きは表現出来ましたがまきの嬢はつぶれて真っ黒になっちゃいました。
コレ解消するにはストロボ当てればいいんですけどね。
水着のブラのカタチがなんか作為的で好きじゃないんですが
ハダカになっておっぱいと乳首が影になっていたらもっと素敵かも知れません。

dsc01047.jpg

太陽は明らかに遠ざかっているはずなのに
見た目は大きくなっていて
あたかも近づいているように見えます。
おかしいですね。
屈折でそうなるらしいんですが
ここから先は文系の僕には難し過ぎてわかりません。

dsc01064.jpg
dsc01092.jpg
dsc01110.jpg

写真は光の当たり方で優劣が決まるんじゃないかと
日頃感じながら撮ってます。
だから太陽にしろ
曇り空の間接的な太陽、
人工光源であるランプストロボにしろ
これを理解した上で撮影すると良いのではと思います。

dsc01138.jpg
dsc01152.jpg
dsc01159.jpg

時は午後4時
ポートレートのゴールデンタイムです。

dsc01166.jpg
dsc01184.jpg























海のお立ち台

お立ち台なんて言葉古いですね。
海に突き出た岩のてっぺんです。
岩場って砂浜と違ってかなりたくさんの舞台あります。
みんなそれぞれ個性があって
撮影ポジションに飽きがきません。

dsc00584.jpgdsc00606_20131019085153530.jpg

85mmレンズが壊れました。
同じ距離なのに中心だけピントが合い周辺がボケる。
特に顔がボケちゃってます。
水着はちゃんと合焦して顔はボケこれ変です。
撮影中カメラの小さいモニターではわかりませんでした。
上のカットはピントが合ってる方のものです。
気が付かなかったので
お立ち台で色んなポーズで動いてもらったカット
60枚くらい全部ボツです。
たぶんレンズの中の何かが外れたのでしょう。
ボケた場所と度合いがカットによって微妙に違ってました。

dsc00622_201310190852500a2.jpg

下の写真。
トップライトです。
レンズは20mm広角。
地面に這いつくばって燦々と輝く太陽を
まきの嬢の後ろへ隠します。
こうすると強い太陽光は遮られて
周辺の空は真っ青に染まります。
一種のハレギリですね。

dsc00636_20131019085251f84.jpg
dsc00639_20131019102844944.jpgdsc00666_20131019102846f37.jpg

ちょっとでもズレて太陽が画面内に出ると
その部分だけ白トビして
消えちゃったりしますよね。
例えば顔のヨコに出ると
首から上が消えて顔ナシ写真が出来ちゃいます。
怖い写真です。

dsc00680.jpg
dsc00695.jpg

ほんとにいい天気でした。
背景に見える大海原は相模湾を超えて相模灘となります。
対岸は見えませんけど緯度からすると
ちょうど伊東の先あたりかなと思います。

絶壁の下を見ると
格子状の水路みたいになってます。
なんでこんな地形が出来たのでしょうか。
ここへ行くには
たぶん泳がなければ・・・・・
イヤ、、
たいした深さじゃないか。
立って歩けるかも。
今度引き潮の時に挑戦してみたいですね。

dsc00726.jpg
dsc00735.jpgdsc00740_20131019085346a8f.jpg















まきの嬢について

まきの嬢:及川まきのですが
確か2005年、
今から8年も前になりますね。
あるモデルから紹介されて撮影を頼みに行ったのが始まりです。
当時彼女はビッグサイトや幕張メッセで行われるイベントコンパニオンや
レースクイーンなどをしていました。
現在のようにネットで簡単にモデル探しが出来る状況ではない頃です。
アマチュアカメラマンがモデルを個人的にコンタクトすることは難しい時代でした。
そんな中一つ返事でモデルを引き受けてくれたのでした。

dsc00505_201310182230529a5.jpg

なので最初の撮影の時は26歳だった訳ですね。
この海の撮影時で31歳。
見た目にはまったく変わってません。
いつまでもスレンダーなスタイルを維持していてほしいです。
また撮影したくなります。

公称
T163,B85Cカップ,W59,H87です。

dsc00533.jpg

どうです!
このカモシカみたいな脚!
縊れたウェスト。
胸はまあまあ。
実物見てないのでわかりませんが。

dsc00540_20131018223054a26.jpg

性格はハッキリサッパリしてます。
どちらかと言うと
お姉様系でしょうね。
「アタシがメンドー見てやるぜ」みたいな。
まきのアネゴって感じです。
今34歳になったまきのちゃんその内撮影してみたいですね。

dsc00546.jpg
dsc00560.jpg










露天風呂みたい。

まるで露天風呂に浸かってるような写真になりました。
こんなダイナミックなお風呂はないでしょうけど。
ここの海岸は細長く四角い櫛みたいな地形になってまして
櫛の刃の突端はかなり向こうです。
奥は静かでプール状になってます。

dsc00421.jpg
dsc00429_20131018192408d58.jpg
dsc00436_20131018192425e9d.jpg

誰も来なければ裸になってもらって
撮りたかったとこですが
まきの嬢は絶対脱いではくれない子でした。
女の子みんな見せる限界が違うようです。
いつか誰かをここで裸に。
とまじめに毎年考えてます。

dsc00439_20131018192457c0e.jpg
dsc00443_201310181924596e7.jpg
dsc00445.jpg
dsc00453.jpg

岩場は特に水が澄んできれいです。

dsc00462_20131018192537135.jpg
dsc00487.jpg
dsc00500_20131018192548b97.jpg

















濡らすのはカラダにして。

続きまして
中望遠レンズの85mmで水着のまきの嬢を捕らえます。
(1枚目と2枚目は広角20mm)
静かな海と言えども
波は時折来ます。
小波でも女体という障害物に当たって砕け散り
しぶきは夏の太陽に照らされて輝きます、

dsc00213_201310172335360b0.jpg
dsc00214_201310172335372a3.jpg
dsc00216_2013101723353839e.jpg
dsc00231_201310172335393a2.jpg
dsc00233_20131017233541625.jpg
dsc00238_201310172336081d3.jpg

ライトスタンドを立てて銀レフを
モデルへ光がうまく当たるように調整して立てます。
太陽はサイドまたは逆光です。
銀レフはもう15年くらい同じの使ってます。
周囲アルミパイプの組立式のヤツですが
しょっちゅう風で泳いで行っちゃいます。

dsc00302.jpg
dsc00333_20131017233638377.jpg
dsc00355.jpg

下の写真は深そうに見えますが
実は浅い場所で、
確か腰あたりかなあと思います。
当然カメラマンの僕も腰まで浸かってカメラ構えます。
レンズの先っぽは水面ギリギリに。
ファインダー覗いてシャッター切りますが
遠くの波の動きもよーく捕らえねばなりません。
波が来たらサッと立ち上がって
カメラ持って万歳かなあ。
絶対に落としたり濡らしたりは禁物ですからね。

dsc00379_20131017233701719.jpg
dsc00381_2013101723370207e.jpg
dsc00408.jpg







真夏の静かな海

この海岸は今年で4度目なんですが
最初に訪れた2010年7月撮影の画像を再編集してみました。
モデルは及川まきのです。
撮影の当時で31歳、
っていうことは今はもう34歳にもなってしまいました。
僕の大好きな熟女に片足突っ込んだって感じなので
また撮ってみたいです。

dsc00026_20131016225130eb1.jpg
dsc00050_201310162251325fb.jpg

今年行った海岸と違い
大波はありません。
ほとんど凪ぎですね。
場所は今年撮影場所のちょっと右手側になります。
透明で澄んだきれいな海でした。
こんなきれいな海の記憶が
毎年何度でも来て撮影したくなるのです。

dsc00078_20131016225132060.jpg
dsc00107.jpg
dsc00114.jpg
dsc00148.jpg

毎年ここへ来てますけど
こんなに天気よく晴れていたのは
この2010年夏だけですね。
7月だからですね。
あとの3回は全部9月なのでした。

dsc00167_2013101622523857a.jpg
dsc00171_201310162252405b0.jpg
dsc00183_20131016225923bc6.jpg

折しも昨夜から今朝にかけて
猛威を振るった台風26号
滅茶苦茶な風と雨でした。
不幸にも亡くなられた方、
ご冥福を祈ります。

dsc00193.jpgdsc00199.jpg
dsc00210_201310162259280c8.jpg
















オカへ上がって

水着撮影終了。
早いです、着替えるの。
もっとも水着の上にタンクトップとショートパンツはいただけですが。
ほんとはこの時間以降がいい夕方の素敵な光線状態になるんですが
人妻の桃香ちゃんは早く帰らなくちゃいけません。

dsc00422_20131015232550006.jpg
dsc00423_2013101523261416f.jpg

海が穏やかだったら
たくさん水に浸かって
泳いだり潜ったりしてもらって
髪の毛もボサボサパサパサになる予定でした。
だから上がった後はラブホ行って
ちゃんとお風呂入って髪の毛シャンプーしてから帰るはずだったのです。
ところが
「髪の毛あんまり濡れなかったし大丈夫!帰ろ♪」
なんとガッカリ落胆。
ついでにボディーシャンプーで洗いっこしていちゃいちゃしたいっ!
って魂胆が藻くずの泡。
しょーがないよね。

dsc00425.jpg
dsc00426.jpg
dsc00436_201310152327469c3.jpg

帰りにラブホ入って、
という計画は
人妻が髪の毛パサパサで帰宅はまずい。
苦肉の策として考えたのですが
ダメですねえ。

dsc00441.jpg

なんでしょうね。
このポーズ。
コレやってくれと頼んだ訳じゃないんですけど
大海原に向かって飛んで行きたいような心境なんでしょうか。
この子モデル向きですね。

dsc00443_20131015232749853.jpgdsc00447_20131015232750858.jpg
dsc00448.jpg

実は、、、、
このあとの帰路が大変でした。
渋滞渋滞大渋滞。
館山道のほとんどが渋滞。
海ホタルで糞詰まり渋滞。
橋もトンネルもノロノロ。
横浜着くまで4時間もかかってしまいました。
結局彼女を送り届けたのは9時。

dsc00450_20131015232829946.jpg
dsc00454.jpgdsc00457_201310152328575b2.jpg

なんだ、
9時くらいでガタガタ言うな。
桃香ちゃんはお前だけのもんじゃない。

旦那に言いたいとこですが。

帰ってから案の定ケンカになったそうです。
桃香ちゃんゴメンね。
次は近場で撮影ですね。

















恥じらいと夕暮れの海

誰もいなければ
ここでハダカにさせようと企んでましたが
ダメです。
「だって、あそこに人いるもん」
やっとのことでおっぱいは見せてくれましたが
ブラははずしてくれません。

dsc00342_2013101501100121a.jpgdsc00343.jpg

カメラマンの僕は
ほとんど海の方を向いていて人はいないと感じていても
彼女は陸地向いてるので
「あっ、見てるー」
などと時々恥じらってました。
たとえ水着でも
海水浴に来て水着になるのとは大違いのようです。

dsc00345_201310150110327d7.jpg
dsc00354.jpgdsc00360_20131015011134a7d.jpg
dsc00353_2013101501113496f.jpgdsc00361_20131015011136eb7.jpg

海水浴で来ているお姉さんを一般人が
マジマジと見ていたら”見ないでよ!”って目つきで怒られそうですが
写真撮っていると、
”何だろう?雑誌の撮影でもしてるのか、モデルは誰だろうか?”って
想像されてガン見されます。
プロのモデルは見られるのが商売なので
どうってことないようですが
シロウトの桃香ちゃんには
とっても恥ずかしい思いがするのでしょうね。

dsc00370.jpg
dsc00372.jpg

9月にもなると
まだ4時半前だというのに
陽は沈みかけ海はキラキラに輝きます。

dsc00374_20131015011202180.jpg
dsc00379.jpg

おや?
でちゃってました。
あとで写真見て気が付きました。
片パイ露出状態なのに笑顔してます。
いつの間にか波でブラ外れちゃったんですね。

dsc00392_20131015011206610.jpgdsc00393.jpg
dsc00395.jpg
dsc00401.jpgdsc00398_20131015011243d22.jpg
dsc00403.jpg


























波と遊ぶ

波打ち際は時折
小波が押し寄せて遊ばせてくれます。
どんな女性でも波が来てしぶきかぶると
とてもいい笑顔になります。
予想外のことが起きてびっくりしたりして
カラダの仕草と合わせて
作りモノじゃない一瞬の素の表情が
可愛くって素敵ですね。

dsc00273_20131014101028096.jpgdsc00276.jpg
dsc00280_20131014101031817.jpg

準備オーケー!!

dsc00284_20131014101032d85.jpgdsc00290.jpg
dsc00291.jpgdsc00292_201310141011030c0.jpg
dsc00293_2013101410110563a.jpg
dsc00294_20131014101106deb.jpgdsc00305_20131014101108639.jpg

笑顔を見せたかったので
特別モザ無し大サービスです。

dsc00306.jpg
dsc00314_20131014101241e65.jpg
dsc00316.jpg
dsc00322_20131014101243bd9.jpg
dsc00326.jpg

このようにして
少しづつ少しづつ
満ち潮になって海岸が海水に満たされていきます。
午前中はもう少し沖までしか波は来ません。
今いる位置は岸壁のすぐそばですから
満潮になると浜が無くなっちゃいます。
これではバーベキューとかは無理ですよね。
だから人いないんだと思います。

dsc00336.jpg
dsc00341_20131014101322d75.jpg























波と戯れるには

海岸は字の通り、
海半分岸半分なんです。
だから岸部分だけの撮影では
海の醍醐味半分しか撮れないことになります。
今まで細心の注意を払いながら
海へ浸かりながら撮影してましたが
カメラをまた波かぶらせたりしないとも限りません。
今回はビニール製の海中防護ハウジングを装着してみました。

dsc00206.jpg

値段の割にはチャチです。
αなんとかというモデル名付いてましたが
ソニーとは全く関係ない韓国製です。
店員の話ではあんまりお勧め出来ないと言ってました。
水深6mまでと書いてありますが
信頼性は疑わしいようです。
要するに溶着縫い目とかパッキンとかの耐久性。
潜って撮影中に海水が侵入してきたら
高いカメラがオシャカになります。

dsc00207_201310132032014bd.jpg

汎用品のため
ボディーレンズ固定機構はありません。
ビニールケースにカメラを入れて
レンズ部にある指穴に外から指を入れて固定します。
シャッター押す指穴もあって外から指入れて切る仕組みです。
潜る訳じゃないし
波防護目的なら充分使えるかと思いました。
何よりカメラ濡らす心配なくなるので
大胆なカットが撮れるかもです。

dsc00208_20131013203253039.jpg

なんせ初の試みなんで
またもや心に余裕がありません。
レンズ部の固定がうまく行かずケラレてしまいました。
シャッターと絞りのダイヤルが
中で勝手に動いちゃうとどうしようもないので
プログラムオートにしました。
なので画像は明暗マチマチです。

dsc00223_20131013203257b19.jpgdsc00225.jpg
dsc00231.jpgdsc00233_201310132032593c3.jpg

確かこのカットを切ったあと
僕は引き波で海中へ倒れました。
なので桃香ちゃんは笑ってるんです、

dsc00234.jpg

ビニールハウジングの先端部と
レンズの先端をピッタシくっつけて
動かないように外から指で押さえなければいけないんですけど
波の外圧でおろそかになってしまいます。
アップした写真は修正したり
トリミングしたりしましたが
不可能なのもあって見苦しいんですが
ご容赦下さいませ。

dsc00241_201310132034353df.jpgdsc00244.jpg
dsc00247.jpgdsc00252.jpg
dsc00257_20131013203507980.jpg

はあーい!!
波きまーーーーす。
用意!

dsc00264.jpg

顔の白い斑点はボカシじゃありません。
ハウジングに付いた波しぶきの水です。

dsc00267_20131013203542dcc.jpg

写真で見るとたいした波じゃないように見えますが
けっこう勢いあるんです。
その瞬間!
桃香ちゃんのカラダは
僕のすぐそばまで流れてきて
一緒に倒れてしまいました。
倒れながら撮った一瞬です。
コレ無防備のカメラでやったら
絶対水ビタシになって壊れます。

dsc00268_20131013203543d72.jpg
dsc00269_20131013203544c2a.jpg
























9月の海

遠くの方では恐ろしい大波が押し寄せてます。
あれに飲み込まれたらひとたまりも無く
溺れてしまいそうです。
桃香ちゃん怖がります。

しかし
大波は少し先の岩礁で砕けて
ここへ到達する時は小波になります。
小波と言っても
20〜30センチの波が
かなり勢いよくくるので
変化に長けて風景も変わります。

dsc00167_20131013154635473.jpg
dsc00175.jpg

ビーサンが片方流されちゃった。
慌てて捕まえにいきます。

dsc00176_20131013154654393.jpgdsc00177_201310131546561da.jpg
dsc00179_20131013154657e66.jpg

ビーサン無くっても平気なんですが
万が一何か踏んで怪我するといけないので
安全上はいてもらってます。

カメラは絶対に濡らさないよう細心の注意はらいます。
フィルムカメラの時代に
砂浜の波打ち際で1台腰にぶら下げて
もう1台はファインダー覗きながら撮影してた時
突然大波来て肩からしぶきかぶった事あります。
1台はその場で没。
もう1台も数ヶ月後に故障。
2台ともオーバーホールしましたが
その後また故障起こして2台とも使用不能になりました。
ミノルタα707Siとα507Siです。
慌てて中古のコニミノα7Dを買いに行った次第です。
デジタル移行へのきっかけにもなりましたけど。
今となっては想い出の三保の松原です。

dsc00184_20131013154725efa.jpg
dsc00189_20131013154720242.jpg

考えてみると
大事なカメラが2台とも波をかぶった
ということは
当時所属していた某団体をやめる予兆だったかも知れません。
それまで毎年同じことの繰り返しが
大きく変わる年でもありましたね。
ポートレート始めて11年目の夏です。
今は?
21年目でした。
何とも時がたつのは早いことです。

dsc00198_201310131547213b1.jpg
dsc00200.jpg


















大海原にビキニ

ほんとは前に着てもらった
マイクロビキニでと考えてたんです。
誰もいないと期待していた駐車場には
サーファーの方々のクルマでいっぱい。
「小さいのは恥ずかしいからイヤ」
ネットで注文した黒ビキニを
何とか着てくれました。
一般の海水浴場ではセクシーなので目立つでしょうね。
パッド入ってないので
乳首クッキリです。

dsc00109.jpg
dsc00113.jpg
dsc00115.jpg

堤防の上へ時折家族連れが海見にくるので
やはりTバックは無理でした。
ここで脱がして
ハダカで撮りたかったんですけど
夢はおあずけです。

dsc00118.jpg
dsc00128.jpg
dsc00140.jpg

うまい具合に太陽が出てくれました。
余裕ないので銀レフ無しです。

dsc00149_20131012231207613.jpg
dsc00150.jpg
dsc00157.jpg

















熟女が海で水着

dsc00005.jpgdsc00011.jpg

やっと海へ来ることが出来ました!
と、言うのも、、、

ほんとは2回目の時に海へ行く予定だったのです。
その日は夏真っ盛り
快晴で気温も最高35℃の
海日和だったのに
前の晩に「旦那とケンカしてもやもや・・・・・・・」でオジャン。
人妻の場合
交際初期ってのがなかなか難しいんですね。

その次もチャレンジしましたが
台風来て土砂降りの雨で断念!
9月は台風シーズンなんで
意外に晴れる日が少ないんですね。

で、
やっとこの日
海へ来ることが出来たのでした。

と、と、ところがですよ。
問屋は簡単には降ろさない”って諺通り。
道のり遠かったです。
9月の後半の3連休の中日。
アクアラインの超大渋滞。
横浜からアクアラインを通って南房総へ行くんですけど
首都高湾岸線扇島あたりからクルマ動かず。
つまり
海ホタルへ入るクルマの列が
車線を減らしてしまって渋滞する訳です。
当然の結果ですね。
1台出ないと次の1台が入れないんだから。

まったく動かないので
アクアラインは諦めて
お台場→千葉→市原経由で行きました。
あちこちで渋滞した結果
目指した海岸に着いたのは午後3時でした。
11時に出発したのに〜〜。
普通なら2時間半のところが4時間も!!!!!

dsc00014_201310111948443d2.jpgdsc00016.jpg

ここは海水浴場でもなく
ただの岩場なんですが
岩場の間に天然のプールみたいになって
しかも
クルマ停めて
10mくらい降りるとすぐ海岸。
何よりも人が少ないっていう貴重な場所です。

dsc00028_20131011194846377.jpgdsc00033.jpg
dsc00067.jpg

まあ
「人大勢いるとこって恥ずかしいからイヤ」
ってことで
3連休だったので
クルマは10台くらい停まってましたが
ほとんどはサーファーの方々で
彼らは海の波の彼方。
時折家族連れやカップルが海を眺めにやって来る程度です。
海岸には誰もいません。

dsc00071_20131011194910736.jpg
dsc00087.jpg

撮影開始が3時過ぎちゃったので
海は満ち潮、
どんどん波が押し寄せて
空はどんより
台風の余波で波高し。

やっぱりねえ、
海は夏真っ盛りの時に来ないとダメですねえ。

dsc00089_201310111949131fa.jpg


















エピローグ

ベッドへ移ります。

dsc00932.jpg
dsc00941.jpg
dsc00960.jpg

85mm望遠レンズ使用しています。
20mm広角と違って少しの揺れも画像では大きなブレになってしまいます。
絞りは2.8まで開けて
1/15の低速シャッターになります。
α900のボディー内蔵ブレ防止機構はかなり役立ちます。
慣れると1/10でもビシッと撮れます。
三脚は使いません。
自由に臨機応変に動ける手持ち撮影がいいですね。

dsc00964.jpg
dsc00972.jpgdsc00975_20131010231224ffd.jpg
dsc00979.jpg

どうです?
この美しいカラダ。
とても40歳とは思えません。

dsc01003.jpg
dsc01015.jpg

モザ無しでいきます。
こんなに可愛い目と仕種、
モザかけたら台無しになってしまいそうです。
許せ桃香ちゃん。
彼女が20代だった10年以上前のメークと
今の若い女の子のメークはだいぶ違うそうですね。
だから40代の女性にソレ言っても出来ないのです。
桃香ちゃんは若メークバッチリでした。

dsc01038.jpg
dsc01042.jpg
dsc01045.jpg
dsc01052.jpg

はい、
これで3回目の撮影は終わりました。

dsc01062.jpg
dsc01065.jpgdsc01069.jpg
dsc01076.jpgdsc01083.jpg
dsc01085.jpg
dsc01088.jpg
























アンコール

シャワー浴びて
髪の毛セットして
パンツはいてヌーブラ付けて
撮った写真チェックしながらソファーでくつろいでました。
「はい。撮影おしまい!」って思ったのですが、、、、

ヌーブラで盛り上がった胸の谷間に
はっ!
と気が付きます。
部屋の灯りと外光が入り交じって
美しく輝いてるじゃないですか!
「桃香ちゃん、はい、そのまま座っててねえ」

dsc00875.jpg

また撮影始めちゃいました。

dsc00878_201310092103411a6.jpg

背景が散らかったまんまです。

dsc00889.jpg

片付けました。

dsc00895.jpg
dsc00896.jpg

ランジェリー撮影で
ヌーブラってあんまり関心ないように思えますが
どうなんでしょうね。
彼女はDカップなんですが
ヌーブラ専門だそうです。
締め付けられないので開放感があるんでしょうね。
友人から
「垂れるわよ」って脅されてるそうです。

dsc00898.jpgdsc00905.jpg
dsc00908.jpg

脚開いちゃいます。
パンツめくって見せてくれました。
拝みます。

dsc00917.jpg

入り口もめくってくれました。
あああーーーー!!
そんなにしちゃあ
中はピンク色で小ぶりな感じですね。
モザもったいないですけど。

dsc00921.jpg

「わたしね、ローターでやさしくクリ撫でてくれるのがいいなあ」
どうも外派のようですね。

dsc00923.jpg

















ブレイクタイム

「わたしね、乱れた髪の毛って許せないの」
という主義なんで
パウダールームで入念にブローしてます。
オンナの髪の毛乾かす姿って
いいです。
好きです。

それに
バスタオルも巻かず
ハダカのまんま。

dsc00821.jpgdsc00828.jpg
dsc00832_20131008221420aab.jpg

おっと!!!!
カメラと僕の汚い腕が写ってしまいました。
こんなにクッキリ写るとは不覚でした。
カメラはSONY α900で
シグマの単焦点レンズ20mmf1.7です。
ストロボ天井バウンスしてます。
パウダールームは狭いので
全体に光がまわってフラットに写ってますね。

dsc00836.jpg

洗面器の側に潜り込んで
かなり辛い体勢で撮ってます。

dsc00849_201310082219487c1.jpgdsc00852_20131008221948845.jpg

上の写真、
左側が天井バウンス発光、
右側が直接発光です。
違い歴然ですね。
TTLの場合直接発光はモデルに光当たった瞬間に閉じますので
バックは暗く落ちます。

右側の桃香ちゃんの目と口元。
なんかもの凄く楽しそうな表情なんで
もったいなくって
ボカシ出来ませんでした。
「えええ〜〜!!コレがいいのー???」
なんて言って。
左上に変なもん写ってますけどこの写真好きですね。

dsc00854_20131008221948fc3.jpgdsc00862.jpg
dsc00858_20131008221949ce3.jpg

部屋の中散らかってます。
銀レフやら
照明スタンドやら
タオルだのサンダルだの
雑然。

dsc00868.jpg
dsc00872.jpg
dsc00873_201310082356284cb.jpg

アレ?
いつの間にか
パンツはいてヌーブラ付けちゃったあ。




















シャワーでさっぱり2

美女のシャワー続きます。
全裸です。
確か
ポーズとかなんにも指示もしてないのに
自然に決まっちゃうんですね。
モデル修行したわけでもない。
ハダカを撮ってもらうために生まれてきたような、
そんな感じです。

dsc00761.jpg

しなやかで美しいカラダに
シャワーの水しぶきが落ちてきます。

dsc00769.jpg
dsc00778.jpgdsc00779.jpg
dsc00783_2013100722553770d.jpg

僕は本能の赴くまま
ただひたすらシャッター切ります。
アタマの中は真っ白。
何も考えてません。

dsc00790.jpg
dsc00793_20131007225607509.jpgdsc00800.jpg

胸に落ちる瞬間の飛沫が綺麗です。

dsc00804.jpg
dsc00809.jpg



















シャワーでさっぱり1

さて、
泡まみれのカラダをシャワーできれいさっぱり。
バルコニーのシャワー蛇口は固定されているので
全身をくまなく洗うため
桃香ちゃんがクルクル動きます。

dsc00668.jpgdsc00679_20131006232101511.jpg
dsc00671_201310062321004cd.jpg

夢中で撮影していたので気が付きませんでしたが、
そうか!!
なるほど。
シャワーの落ちる場所は一定なので
カラダの向きをあっちこっち変えないと
洗い落とせないんですね。
ポーズとってた訳ではないんだと思いますが
どのカットもみんな決まってました。

dsc00688.jpgdsc00698.jpg
dsc00705.jpg

狭い浴室と違って
まわりが広いので
僕もせっせと動いてシャッター切ります。
水しぶきがレンズにも飛んできます。
ヨコ180度タテ90度の範囲をグルグル。
激しい撮影でした。

dsc00728_201310062322426da.jpg
dsc00732_20131006232243d4c.jpg
dsc00741.jpg

シグマの20mm-f1.4という大口径単焦点レンズで
床レベルから見上げるように撮ったので
スレンダーでバービー人形みたいな女になりました。

dsc00750_201310062322456cc.jpg
dsc00754.jpg




















バブルの時

今やバブルと言えば
世の中の景気の話になっちゃいましたが
本家本元のバブルを楽しみました。
前回撮影時には二つのバスで
無色透明
青いバスクリン
やったので
同じじゃつまんない訳です。
なので
泡風呂に。
ってことです。

「泡の粉!」って言うと
桃香ちゃんはサッとパウダールームから見つけて
蒔いてくれちゃったりします。
女性ってこの手のものは得意なんですよね。
オヤジの僕なんかには
どうもさっぱりわかりません。
いっぱい置いてあって探すのにかなりかかります。

dsc00513.jpg
dsc00535_20131006084923562.jpg
dsc00553_201310060849242b4.jpg

泡いっぱいつけて
浴槽から出てみました。
おや?
乳首が透けちゃいましたね。

dsc00573.jpg
dsc00576.jpg

ほんのり泡がついた太腿とお尻。
なんて綺麗なお尻なんだろう。
このカラダ、
このまま家に持って帰って
デスクの脇の置物にしたいですね。
好きな時に撫でて触って楽しむことが出来ます。
お尻に飽きたらおっぱいを下から揉んだり
きっと楽しいと思います。

dsc00587_20131006084951d5f.jpg
dsc00606_20131006085017eed.jpg

お風呂やシャワー撮影の場合はですね。
触ってるとカメラがびしょ濡れ泡だらけになっちゃうので
我慢するしかないんです。
桃香ちゃんの場合は
触るのオッケーなんだけど。
しょーがないです。

dsc00630_20131006085019ad5.jpg
dsc00649.jpg
dsc00661_2013100608510043d.jpg














プロフィール

南ヒロシ

Author:南ヒロシ
横浜在住です、

30代後半より女性の写真を撮り始めました。
特に女性の裸やランジェリー姿に興味が尽きません。
美しく可愛く綺麗にいやらしく記録したいと常に思ってます。

本ブログ中の画像著作権は全て南にあります。
画像の無断二次使用は厳禁です。無断使用が発見された場合法的措置を講じ厳しく追求しますのでくれぐれも作者なりすましなどはなさらないで下さい。

容姿端麗な女性のモデル募集中!
ヌード・セミヌード・水着・着衣などの被写体範囲、
年齢(18歳未満除く)公開・非公開の可否、
問いません。

写真の好きな・撮られることの大好きな女性の応募お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご来場ありがとうございます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

女体アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング
ADULTブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。